化学発泡剤TecoCell®は、他の化学発泡製品では他にはない微細セル構造を特徴としています。発泡プロセスおよび応用面での豊富な経験から、お客様の用途に適した発泡技術を提案しています。

製品ページはこちら
small cells under microscope

微細なセル = 最大の利点

TecoCell®の技術は、ナノサイズ(≤ 0.08 μm)のCaCO3粒子を使用することにより微細なセル径(50~200 μm)を作り出します。

TecoCell®のセル径と均一な分布により、従来の化学発泡剤と比較して、優れた機械的特性および外観が得られます。

微細なセル = 最大の利点

TecoCell®の技術は、ナノサイズ(≤ 0.08 μm)のCaCO3粒子を使用することにより微細なセル径(50~200 μm)を作り出します。.

TecoCell®のセル径と均一な分布により、従来の化学発泡剤と比較して、優れた機械的特性および外観が得られます。

クリーンで環境負荷の少ない化学発泡剤

TecoCell®使用時の化学反応はよりクリーンなものです。TecoCell®の構成物とそれらの反応生成物は環境にやさしい物質です。副生成物はCO2、水およびクエン酸塩のみであり、すべて不活性で無害です。これとは対照的に、従来の化学発泡剤は、金型を腐食させる有害な副生成物を生成し、環境にも良くありません。

クリーンで環境負荷の少ない化学発泡剤

TecoCell®使用時の化学反応はよりクリーンなものです。TecoCell®の構成物とそれらの反応生成物は環境にやさしい物質です。副生成物はCO2、水およびクエン酸塩のみであり、すべて不活性で無害です。これとは対照的に、従来の化学発泡剤は、金型を腐食させる有害な副生成物を生成し、環境にも良くありません。

microscope and materials
flowers potted

試験と導入を手軽に

TecoCell®を試すことで、比較的短時間でコストの削減と改善が可能であるかをご確認いただけます。お客様の用途においてTecoCell®がどのようにお役に立てるか、ぜひ、お問い合わせください。TecoCell®における事例をご紹介した上で、無償サンプルの提供と技術サポートを提供いたします。

試験と導入を手軽に

TecoCell®を試すことで、比較的短時間でコストの削減と改善が可能であるかをご確認いただけます。お客様の用途においてTecoCell®がどのようにお役に立てるか、ぜひ、お問い合わせください。TecoCell®における事例をご紹介した上で、無償サンプルの提供と技術サポートを提供いたします。

TecoCell®の化学的特徴

TecoCell®は、特許を有する特殊なプロセスで製造され、0.08 μm以下の粒径が均一なCaCO3粒子を利用して均一な発泡セル構造を作ります。

CaCO3ナノ粒子は、材料中に均一分散し、射出成形品やブロー成形品内に安定したセル構造を形成します。均一なセル形成により、短いサイクルタイムで、ソリが少なく、より高剛性で、熱変形温度に影響を及ぼさずに軽量化の実現が可能です。

TecoCell®における均一な分布と微細なセル径を持つ特徴は、非強化ポリプロピレンおよびポリエチレン樹脂で特に効果的です。これらの樹脂は一般に、射出成形による薄肉包装容器向けやブロー成形による自動車用ダクトに使用されています。

射出成形用のTecoCell®

TecoCell® H1は、例えば、ポリオレフィンおよびポリスチレン樹脂等の樹脂温度帯に適した射出成形用化学発泡、核形成剤で以下の特性を付与します:

• 高品質な表面仕上がり

• 低い溶融粘度

• サイクルタイム短縮

• 軽量化

• 型締力低減

• 低い残留成形応力

• 良好な寸法安定性

• ヒケの低減

• 肉厚部におけるボイド(空隙)の解消

• 広い加工条件幅

TecoCell® H1

TecoCell® H1は特別に調合されたマスターバッチで、ポリオレフィンとポリスチレンの発泡と物理発泡する際の核形成向けにお勧めします。この製品は約200°C以上で反応し、化学発泡剤に必要となる微細セル形成に適しています。TecoCell® H1の製品情報については、こちらをクリックしてください。

TecoCell® GT

TecoCell® GTは、H1より高い温度で使用いただけるよう設計されたマスターバッチで、PET、PETG、ポリアミド、ポリ乳酸などのより高温での加工が必要とされる樹脂の発泡にもお勧めします。TecoCell® GTも約200°C以上で反応し、化学発泡剤に必要となる微細セル形成に適しています。TecoCell® GTの製品情報については、こちらをクリックしてください。

TecoCell®に、射出成形とブロー成形での軽量化および品質向上による費用対効果の高いソリューションをご期待されるお客様に対しても、広範囲にわたるノウハウと世界中での応用事例や専門技術の提供が可能です。」

— Levi Kishbaugh(Trexelエンジニアリング担当副社長)

TecoCell® 化学発泡剤

• クリーンな化学反応。金型の腐食なし。

• 疎水性コーティング剤の使用による長期保存性。

• 単一の反応温度による良好なプロセスの制御性および再現性。

•  特許登録済みのナノサイズ粒径により、成形品の寸法安定性および外観を向上させるための均一分布の微細セル構造を実現。

その他の化学発泡剤

• 他の化学発泡剤の多くは、環境に有害で金型表面に腐食性のある副反応生成物を生成。

• 主要な吸熱性化学発泡剤は、長期保存性と製品性能を低下させる吸湿性のある成分を含有。

• セル径の分布幅が広いため、成形品に局在的な不均一性が発生。

成形温度

TecoCell® H1

220 C – 260 C
430 F- 500 F

TecoCell® GT

250 C – 290 C
480 F – 550 F

適応樹脂

ポリオレフィン、ポリスチレン等、及びそれらのMuCell®微細発泡射出成形時の助剤として使用する場合

PET、PETG、ポリアミド、ポリ乳酸などの高温での加工が必要とされる樹脂

TecoCell® H1

成形温度

220 C – 260 C
430 F- 500 F

適応樹脂

ポリオレフィン、ポリスチレン等、及びそれらのMuCell®微細発泡射出成形時の助剤として使用する場合

TecoCell® GT

成形温度

250 C – 290 C
480 F – 550 F

適応樹脂

PET、PETG、ポリアミド、ポリ乳酸などの高温での加工が必要とされる樹脂

TecoCell®をご使用の場合

その他の情報は「TecoCell®射出成形ガイド」をご参照ください。

TecoCell® 成形ガイド

お客様の用途がTecoCell®(化学発泡)またはMuCell®(物理発泡)に適しているかどうかに関するお問い合わせについては、化学発泡と物理発泡を比較した技術資料をご参照ください。

発泡技術の選択